小笠原流歩射

三々九手挟式(さんさんくてばさみしき)は、正月4日の弓始式のときに行う、厳格な弓の儀式でした。三々九手挟式の後に振々(ぶりぶり)の的を射ることは、文武の道を統べる道であるとされています。
また、三々九をよく得心すれば、大的や百々手もよく明らかであると言われるほど、奥深いものです。

トップ アイコン
トップ

直線上に配置

射手から的までは通常9杖(後述。約20m)としています。
1尺1寸(約33p)の串を地面に立て、板を挟んで的とするのを
「挟物(はさみもの)」と呼びますが、9寸(約27p)角の板の裏に3寸毎の九つに分け、「井」の字に切れ目を入れたもの(九半と呼びます)を的とすることから、三々九の挟物といわれます。
また、8寸(約24p)角の板の裏を4寸毎の四つに分け、十文字に切れ目を入れた的(四半と呼びます)も的として用いられます。

射手が前弓(まえゆみ)・後弓(あとゆみ)の2組に分かれ、各組ごとに各自一手の矢を順番に射た後、各々の大将が一手(ひとて)ずつ交互に射て、大将の的中を2本として数え合計的中数を競います。
前弓は四半(八寸角)、後弓が九半(九寸角)の的を用いるのが正式とされています。

<繰り立ち>

前弓・後弓の射手は同数ですが、大将射手を除いて三名以下の場合には前弓・後弓の射手が一人ずつ弓を引きます。
四名以上の場合には、前弓の射手全員が射蓆に立ち、先頭の射手が弓を引き、引き終わると最後尾に付く「繰り立ち」という作法を行います。

<神頭矢>

矢は一手神頭矢(じんとうや)を用い、白箆に交ぜ羽(大鳥を走り羽、白尾を頬摺、鷹羽を向い羽)とするとされています。
三々九手挟式
采 揚
的奉行
弊 振
覧 筥
日 記
数塚
前弓
射手

後弓
射手

介添

介添

射手から的までの距離は杖(並寸の張り弓の長さ。2.21m)で測り次のいずれかとします。
 的革から射蓆まで11杖とし2杖寄せて9杖(約20m)
 的革から射蓆まで9杖とし1杖半寄せて7杖半(約
 
16.5m)
九半も四半も板目が右上から左下に流れるように
串に挟み、串を地面に差して立てて的としますこのとき、串の太さ五分、長さ一尺一寸、挟む部分の切れ込み一寸、地中二寸とすべて的の規格が定まっています。

射手が弓を引くところには射蓆(いむしろ)を敷き、射蓆の前方には砂で盛った数塚(かずづか)を作ります。数塚は直径一尺七寸(約51p)高さ七寸(約21p)が正式のようですが、実際にはもう少し小ぶりに作っています。

この数塚は、古来勝負は日記で知ることとして数塚を築いても的中数を指さなかったようですが、現在は的中数の串を各自が差すことで、勝敗の行方をわかりやすく示しています。的中したのが甲矢(はや;一本目)乙矢(おとや;二本目)で差す位置も定められています。
現在も射手日記が的中の正式記録として残ります。
  射手日記には、開催日、場所、諸役の氏名のほか、
  射手の氏名と本数分の○印が書かれており、的中す
  ると記録(日記または祐筆)が●のように墨で黒く
  塗りつぶします。

射手は敷皮の上に的に足裏を向けて半捉座にて座り、介添はその後方に控えます。介添は射手に本来は二人、最低一人ずつ付くことになっています。

古来射手は前弓・後弓3名ずつが大的式のように前弓・後弓一人ずつ交代に3度(3名×三手=18射)引いて勝負を競ったようですが、現在は各数名が一手ずつ引き、最後に前弓と後弓の大将が1本を2本と数えた一手を引いて勝負を争います。

(こぼれ話)
  的板は杉で作りますが、近年杉板が高騰し、一枚が
  千数百円します。
  的中が多いと嬉しい反面、複雑な心境です。

射蓆
的革
y矢取

前弓
大将

介添

後弓
大将

<弓>

弓は白木、白弦の弓とされています。