小笠原流歩射

大的式は、除魔の意味を込めて平安時代ごろから公家の射礼として行われていたようです。小笠原流では最も厳格な弓の儀式で、吾妻鏡では弓始式・的始式として記載されています。地方では、ももて、ぶしゃ神事、おびしゃ、弓ぎとう等と言う名称で残されている弓の儀式で、武家では、特に小笠原流の大的のみを射礼と呼称し、他流のものは体配と称すようです。

トップ アイコン
トップ

直線上に配置
名称
大的式は右図のような配置で行います。

的は五尺二寸(約156p)と定められています。これは、五尺四寸から一寸ずつ総廻りにとって中五尺二寸としたものです。五尺四寸は、易に示す地六水の陰数と、天九金の陽敷を掛け合わせた6×9=54の数からきています。また、天三木の陽数に、地四金の陰数を掛け合わせた3×4=12の数を的中央の小眼(白い部分)の一尺二寸としており、これは現在弓道場で使用されている的の大きさのもととなっています。
また、小眼の裏には「
」の二文字を「」は白で「」は墨で書きます。」は角のない鬼の字で「甲乙ム(甲乙なし)」ともいわれます。

的までの距離は、式場によって異なります。
的までの距離は、並寸の弓(約2.2m)を一杖(ひとつえ)として数え、古くは三十一杖、その後二十七杖、二十五杖、二十一杖などで行われていたようです。現在は昔とは弓力も異なることから、十三杖程度のところが多いようです。

的奉行、日記等の諸役と射手は行列して式場に入ります。射手は前弓、後弓に別れて向きを変え、鹿皮の敷き皮を拡げて座ります。

介添

介添

後弓
射手

前弓
射手
弓立所
日 記
覧 筥
弊 振
矢 取
矢 取
的奉行
采 揚

射手は前弓、後弓各3人からなり、@(太郎)A(関)B(三郎)C(四郎)D(五郎)E(六郎)の順に定めます。畳紙、中啓を懐から取り出した後、@B、DE、CAの順に弓立て所に立ち出て、紐捌きの後前弓・後弓が各自白羽の矢一手(ひとて・2本)を用いて弓を引きます。

このとき、前弓、後弓で紐捌きや進退の足捌きが異なります。また、弓を引く前に「かんねん」と言う弓の構えをしますが、前弓は「天下太平国土安全」、後弓は「武運長久家内繁栄」と唱えます。
射手は一手を三回行うこととなっていますが、現在は一回に略されています。

的奉行(まとぶぎょう)は的中を判定し、采揚(ざいあげ)に采を揚げることを命じます。采が揚がったのを見て弊振(へいふり)は弊を左右に振って確認し、日記が射手日記に的中を記録します。

射手が弓を引き終わると、矢取から介添に矢が戻され、介添は射手に矢を渡します。全員が引き終わると、一斉に紐を結び、畳紙、中啓を懐に収めて立ち上がり、的奉行、日記などの後ろに付いて退場します。