小笠原流歩射

「蟇目(ひきめ)の儀」は、歩射(ほしゃ)第一の儀式で、各式の最初に行われるものです。

蟇目鏑(ひきめかぶら)という、朴(ほう)の木または桐の木を刳り抜いて中空にし、先に眼とよぶ穴を空けた長さ15㎝ほどに作られたものが先に付いている矢(鏑矢)を1本だけ射ます。
中空の鏑に穴が空いていることから、矢を放つと風を切って飛ぶときに空気が共鳴して、「ヒョウ‥」というような鋭い音が響きます。この音によって天地四方の魔性退散を祈念するものです。

蟇目には次のようなものがあります。

■ 誕生の蟇目
    懐胎五ヶ月目に帯の祝いとして行うもの
■ 屋越(やごし)の蟇目
    新築、上棟、病魔退散などを祈って行うもの

 

トップ アイコン
トップ

直線上に配置
三々九手挟式

<蟇目鏑>

蟇目の儀について>
蟇目の射手諸役>

◆ 的立役(まとたてやく)
    射手と共に中心となる重要な役。
    射手と呼吸を合わせて的革(まとかわ) 
    に向かって観念を唱え、的革に魔性を
    集めて封じる。
    射手の放った矢を矢拾から受け、捧持
    して戻る。

◆ 矢 拾(やひろい)
    放たれた矢を拾い的立役に渡す。


◆ 蟇目射手(ひきめいて)
    式法に則り魔性退散の蟇目鏑矢を射
    放つ。
    小笠原流歩射の上位認許者で、宗家
    から許された者のみが執り行える。

小笠原宗家による蟇目>
左から、手明介添、蟇目射手、替弓持、太刀持
(小笠原教場射場始大的式にて)

◆ 手明介添(てあきかいぞえ)
    射手の介添として、射手の弓と矢を捧持し、射手が鞢(ゆがけ)を着用すると
    弓と矢を渡して畳紙(たとうし)、中啓(ちゅうけい;扇子の一種)を預かる。
    射手が式退所に進むと所定の位置に着き、両手指建礼にて控える。
    式が終わると再び弓矢を預かり、畳紙と中啓を射手に渡す。

◆ 替弓持(かえゆみもち)
    射手の替弓を捧持する。

◆ 太刀持(たちもち)
    射手の太刀を捧持する。
    控えているときは太刀を右脇に抱い込むが、射手が式退所に進むと手明介添、
    替弓持と共に所定の位置に着き、射手が引き終わって自席に下がるまで、右手
    で太刀を胸高の位置で水平に保つ。本身の太刀が下がらないように保持するの
    には修練を要する。